BeAの歴史

ファスニング技術における110年以上の成

強力なルーツと長期的な将来戦略

Joh. Friedrich Behrens AGは、110年以上にわたってファスニングテクノロジのサクセスストを書いてきました これは1910年にハンブルク港で始まりました。そこでヨハン·フリドリッヒ·ベレンズは輸出入社を設立しました。 その後、彼はホッチキスの生産に入って 1945年頃本の針金、ホッチキスの生産から復興が始まりました。 1951年にアレンスブルに移し、同社はステプラとステプルで急速に成長しまして模範的な業員の雇用により、景回復に貢することになりました。

 

1957年に最初の空圧式釘打機が開発され、成功的に導入されました。この製品は急速に貿易や産業の全般に高速かつ信頼性が高いファスニング工具として定着しました。最初の空気圧式釘打機は、ファスニング技術におけるBeAブランドの開発を成功させるための基盤となりました。アプリケーション指向の顧客固有のソリューションと新しい市場の開発により、同社は成長を続け、1977年にIPOが公開されました。2006年にフィッシャー·ツェルニン一家が企業の大部分を引き継ぎまして戦略的再配置と強力な国際化により、同社はヨーロッパで主要な木材や木材の締結技術メーカーの一つとなりました。これからもBeAは、何世代にもわたって考え、強いルーツを持って行動する長期的な将来戦略を持つ企業として歩み続けます。